FC2ブログ

恋みたいな、愛みたいな|安西リカ  絵師:木下けい子 - usamomo BL library ~BL独り言感想~

usamomo BL library ~BL独り言感想~ ホーム » 安西リカ » 恋みたいな、愛みたいな|安西リカ  絵師:木下けい子

恋みたいな、愛みたいな|安西リカ  絵師:木下けい子


恋み たいな、愛みたいな~好きで、好きで(2)~ (ディアプラス 文庫)
安西リカ  絵師:木下けい子


お気に入り:
挿絵:


【あらすじ】 志方と同居を始めて九ヵ月。 共通の友人が家に遊びにくることも増え、多忙がらも穏やかな日々を送っていた穂木。 ようやく迎えた年末年始の休暇中、姉の息子の三歳児、柊を預かることになる。 初対面ではその強面に大泣きしたもののすぐに志 方になついた柊を見て、志方が子ども好きだった ことを思い出す。 するとまた心の奥にしまったはずの不安が頭をも たげてきて……?




【感想】
すごく良かったです。前作もすごく気に入ってたんだけれど、ほんと受が攻大好きっていうのがよくって、でも同居してちょっと疲れてきてしまう展開なんだけれど相変わらず攻は何を考えてるのかちょっと分かりづらいんだけどね。
ラストの攻視点のお話はすっごく良かったです。


同棲を初めて9ヶ月頃のお話です。
もう10年以上つき合っているのにまだ攻を好きってのがいいんだけれど、未だにノンケだった攻を自分につき合わせてしまったという罪悪感が抜けきれないのがちょっとうざかったりもしましたが、自分でもちゃんと分かってはいるけれど、思ってしまうんだよね。

そして喧嘩しないように、楽しく過ごせるようにと無理をしてしまった受なんだけれど、相変わらず何を考えているのか分からないなりにちゃんと受の事は見ていて知っている攻は受が疲れているのを分かっていたんですよね。

そんなとき姉の子供を数日預かる事になるんだけれど、まぁ攻は子供好きなんだろうね。扱いも割とうまい!
そんな彼を見ているとまた罪悪感にさいなまれちゃうんだよね。

そんな受に会社の寮に戻るといいだした攻。
いつもならなんで!と聞き返すのに、仕方ないな~って思ってしまう受。自分が疲れている事もちゃんと分かってるんですよね。

まぁ色々あってバタバタはするけれど、ちゃんとお互い大好きなんだよ~って感じでとっても良かったです。

そして前作で攻に横恋慕していた女子とは今はとっても仲のいいお友達になっちゃった受なんだけれど、やっと彼女にも幸せが~って感じでラスト彼女の結婚式のお話は攻視点でとっても良かったです♪
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

Recent Entries