FC2ブログ

天狼の花嫁|秋山みち花 絵師:六芦かえで - usamomo BL library ~BL独り言感想~

usamomo BL library ~BL独り言感想~ ホーム » 秋山みち花 » 天狼の花嫁|秋山みち花 絵師:六芦かえで

天狼の花嫁|秋山みち花 絵師:六芦かえで


天狼の花嫁 (角川ルビー文庫)

秋山みち花 絵師:六芦かえで


お気に入り:
挿絵:



【あらすじ】稀代の陰陽師、土御門清良は、何度も同じ夢を見る。影に襲われ悶える彼を漆黒の気高き獣が護り、やがて獣は凛々しい男に変化し清良に極上の悦楽を与えるのだ。貴方は誰?清良は胸騒ぎを抱えたまま皇子のお供で西国行きの船に乗る。不審な火事で逃げ場を失い、見知らぬ屋敷で目覚めた時、全てを忘れていた。怯える清良を宥めたのは、雄雄しい天狼の長・黒鋼だった。「おまえは俺の番となる者」と言い放つ彼に、胸も頬も熱くなる。だが黒鋼との婚礼の夜、清良の封印された力が!?

【感想】
面白かった。でもなんか勿体ない。黒鋼のところに行くまでが長すぎるんだよね。もうちょっとはしょって、二人の幼少期の出会いとか記憶がないまま婚姻してるから、清良が黒鋼を好きになっていくところとかをもっと丁寧に書いてほしかったかな。


前作は読んでいて、兄のお話は気になっていたんですよね。

まぁ前半は誰かが自分を呼んでいる~のと第三皇子につれられて鬼ヶ島にていうので割りとつぶれてる感じ。
そして夢で自分が鬼だというのを毎夜見る。それは幼い頃の本当のお話なんだけれど、それがなんなのか気になって気になって一気読みでした。

父も陰陽師の力が強かったんですよね。
だから、清良の力と記憶を封印してしまう。

そして自分が鬼になってしまうのでは!という思いから自らもすべて封印してしまう。

そして記憶をなくして、目を覚ますと黒鋼のいる里。
天狼の里なんだけれど、あれよあれよというまに、お前は俺の番だといって婚姻してしまう!

この里には翡翠が眠っているんだけれどそれを狙って敵がが襲ってくるんですよね。

まぁ黒鋼は強いんだけれど、その力を狙ったやつらが都からやってきた!

里のみんなを人質にとって、清良と黒鋼を捕まえしまうんです。

記憶は前作の妖狐がやってきて弟の事を思い出すと同時に取り戻すんだけれど、力に関してはまだ封印されたまま。

まぁ封印がとけた清良はかっこ良かったね!

まだまだそのかっこよさを見たかったきもする!


ラストは無事弟さ再会でした♪

力がある受は面白いよね~♪
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

Recent Entries