FC2ブログ

灰かぶりの婚姻~つがいのおとぎ話~|和泉桂 絵師:Ciel - usamomo BL library ~BL独り言感想~

usamomo BL library ~BL独り言感想~ ホーム » 和泉桂 » 灰かぶりの婚姻~つがいのおとぎ話~|和泉桂 絵師:Ciel

灰かぶりの婚姻~つがいのおとぎ話~|和泉桂 絵師:Ciel


灰かぶりの婚姻~つがいのおとぎ話~ (ガッシュ文庫)

和泉桂 絵師:Ciel


お気に入り:
挿絵:



【あらすじ】亡き母の遺言で髪を伸ばし、顔を隠して生きるリオ。
アルファばかりの貴族社会でオメガであるリオは異端で、
父亡きあとは継母と妹に使用人として扱われ暮らしていた。
そんなある夜、妹の忘れ物を届けに舞踏会に行かねばならなくなる。
ろくな服を持たないリオは意を決し、妹のお古のドレスを纏い女性の装いで城へ向かった。
ところが帰り道、まばゆい星に誘われて足を踏み入れた庭園で貴族のヴェレスと出会う。
そこで発情を引き起こしてしまったリオの匂いに煽られた彼に無垢な躰を拓かれて…。

【感想】
普通に生まれれば家を継ぐ予定だったのにΩに生まれてしまって、継母に使用人におとされてしまう。
攻との出会いは劇的な出会いでそくつがわれてしまうんだけれど、男として女として攻とは会うんだけどね。ホントに分かっていたのか?
まぁ受が幸せそうだから良かった♪


まぁこの継母が酷い!
しかも娘が陛下の后になってなぜΩの受が側室になるのか?その辺が納得いかないよね~。
使用人にされて結構ひどい扱いだし!
でも意外に受君強いから悲壮感はほぼ感じなかった。

忘れもを届けにドレスを着て舞踏会にやって来た時にαである攻のつがいにされてしまう。
その彼は数日前に本屋で欲しい本を取り合いしてしまった人。


数日後にその本をシェアすることになったので男の姿で会うことになるんだけれど。

まぁまったく気づいてない感じです。

男の姿、女の姿で数回会瀬を重ねるんだけどね。

継母にばれちゃう!
そして咎人の荒野に捨てられちゃう!

攻が助けに来てくれて、幸せに暮らすっていう、まさにシンデレラです。
攻はなんせ王位は継がないものの、王の弟ですからね。

表紙裏にはその後の子供ができたお話も載ってました♪
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

Recent Entries