FC2ブログ

銀狼帝と愛しき桃の花嫁|市川紗弓 絵師:カワイチハル - usamomo BL library ~BL独り言感想~

usamomo BL library ~BL独り言感想~ ホーム » 市川紗弓 » 銀狼帝と愛しき桃の花嫁|市川紗弓 絵師:カワイチハル

銀狼帝と愛しき桃の花嫁|市川紗弓 絵師:カワイチハル


銀狼帝と愛しき桃の花嫁 (角川ルビー文庫)
市川紗弓 絵師:カワイチハル

お気に入り:
挿絵:



【あらすじ】聖獣の血を引く若き帝と選ばれし花嫁の、もふもふ嫁取り物語!
親の形見の「種」を調べるため、都に出た那津。そこで黄泉の化け物と出くわすが、突然現れた銀狼に助けられる。その正体は、この国の帝・晴祥だった。しかし、「やっと見つけた、運命の人」と突然求婚されて!?

【感想】
良かったです。色々と設定が凝っていて面白いな~。二人の出会いもそうだし、なにか分からない種も、幼馴染みの彼だけはちょっとビックリでしたけれど、楽しく読めました。


林の中で蛇に噛まれて死にそうになっているところを誰かが助けてくれた。
毒を吸いだして助けてくれたんだけれど彼も気を失ってしまって。

ってところから始まるんだけれど、受は近くの村で助けられて育てられるんだけれど、扱いは酷いものですね。
でも心は強い!寂しいんだけれど、一所懸命生きてる感じがとっても良かったです。

そして都に旅立つ時に一緒に過ごした幼馴染みも一緒に行ってくれる事に。

気づいた時から持っている何かの種。その種がなんなのか、もしかしたらそれが自分の両親に繋がるかもと思って都にいくんだけれど。

都で大蛇の妖怪に襲われているところを助けてくれたのが今の帝。銀の狼なんですよね。

帝は神獣の力を持っていて国を守っているんです。

なんかねぇ、設定が結構盛りだくさんだけれどうまい具合に1冊にまとまってるんですよね。

受の素性もそうだし、桃の巫女とか、大蛇とかねぇ。

すごく楽しく読めましたねぇ。

帝が最初から溺愛モ-ドですから、ストレスなしに読めましたね。

ただ幼馴染みの彼が実は悪い奴だったんだけれど、受への情はなかったのか?ってところが気になります。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

Recent Entries