FC2ブログ

先生と僕とちっちゃなマシマロ|安曇ひかる 絵師:奈良千春 - usamomo BL library ~BL独り言感想~

usamomo BL library ~BL独り言感想~ ホーム » 安曇ひかる » 先生と僕とちっちゃなマシマロ|安曇ひかる 絵師:奈良千春

先生と僕とちっちゃなマシマロ|安曇ひかる 絵師:奈良千春


先生と僕とちっちゃなマシマロ (幻冬舎ルチル文庫)
安曇ひかる 絵師:奈良千春

お気に入り:
挿絵:



【あらすじ】旧華族の箱入り息子・雅人はアウトドア好きで豪放磊落な准教授・森住と出会い次々と新しい体験を重ねるうち森住に惹かれ…?

【感想】
良かったです。大学の准教授と箱入り息子の大学生のお話なんだけれど、受ちゃん天然でこんなにも攻好き~って伝わってくるのに気づいてないってのが微笑ましかった。
攻も頑張って子育てしてるのがとっても良かったですね。何より受の父親が良かったです。

子供が生まれなくって引き取られてからすごく頑張っていい子してたんですよね。
もちろん両親もちゃんと愛してくれてたけれど、念願の自分たちの子供ができてしまったんです。
旧華族の家ですから、血のつながらない自分よりも弟が継ぐべきだと周囲からも言われ父親から聞くのが怖くて自分からひとり立ち宣言しちゃうんだよね。

一緒に幼馴染も独り立ち!
同じ大学に進むんだけれど、まぁなんせ箱入り息子ですからねぇ。

そんな時出会ったのが准教授親子。
仲良くなっていくなっていくんだよね。
でもなかなか自分の気持ちに気づいてない受が微笑ましくってねぇ~。

ホント、受の父親がめっちゃいい人でとっても良かったです。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

Recent Entries