FC2ブログ

白虎さまと子守りいたします。|榛名悠 絵師:駒城ミチヲ - usamomo BL library ~BL独り言感想~

usamomo BL library ~BL独り言感想~ ホーム » 榛名悠 » 白虎さまと子守りいたします。|榛名悠 絵師:駒城ミチヲ

白虎さまと子守りいたします。|榛名悠 絵師:駒城ミチヲ


白虎さまと子守りいたします。 (幻冬舎ルチル文庫)

榛名悠 絵師:駒城ミチヲ

お気に入り:
挿絵:



【あらすじ】遥斗が飛ばされてしまった世界には、フーガたち白虎族のほか猫っぽい耳と尻尾を持つ部族もいたりします。やんちゃだけど可愛い双子のためにご飯を作ったりエプロンを繕ったり。コワモテでちょっぴり厳しいフーガが双子を叱れば、遥斗が甘やかすという日常を過ごすうち、4人は大事な家族のようになってーー。甘くてふんわり優しいファンタジー!


【感想】
すっごく良かったです♪異世界ものなんだけれど、もう双子にちみっこが可愛くって!ちゅっちゅしたい~!てのにいちころでした。攻もすごく不器用なんだけれど、素敵な攻様でした。
異世界もの!
祖母が亡くなって、身寄りもなくひとりで生きていかなければと思っているときに飛ばされちゃった先が、
獣耳の世界。

着いたとたんに聞こえてくる子供の泣き声。外は雨が降っているし、あわててあやすうちになんとか泣き止んでくれたんだけれど。

どうやらこの双子はテンシ様といってこの村の天候を守っているんだよね。
代替わりが終わったところですぐに大泣きしてしまう。
テンシが泣けば雨が降る!といった悪循環で、村の人も後見人であるフーガも困りはててたんですよね。

フーガが前のテンシ様なんだけれど、けがをしてしまい、思うように術をつかえなくなって、代替わりをしたんだけれど、
通常と違う代替わりだった為か双子が出てきちゃった。

ホントめっちゃ可愛らしいですよ♪
受にはめっちゃ懐いてるし、4人でなんだか家族みたいに過ごしてすごくほのぼのして良かったですね。

途中祖母の四十九日でどうしても元世界に戻りたい受。無事にまた戻ってこれるってことで、戻るんだけれど、
戻れなくなってしまった!

もう甘々でちみっこ可愛くってめっちゃ癒されました。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

Recent Entries