FC2ブログ

崎義一の優雅なる生活 忘れえぬ此の花を此の想いを|ごとうしのぶ 絵師:おおや和美 - usamomo BL library ~BL独り言感想~

usamomo BL library ~BL独り言感想~ ホーム » ごとうしのぶ » 崎義一の優雅なる生活 忘れえぬ此の花を此の想いを|ごとうしのぶ 絵師:おおや和美

崎義一の優雅なる生活 忘れえぬ此の花を此の想いを|ごとうしのぶ 絵師:おおや和美


崎義一の優雅なる生活 忘れえぬ此の花を、此の想いを

ごとうしのぶ 絵師:おおや和美


お気に入り:




【あらすじ】大人になったギイとタクミの物語、第三幕がついに登場!

日本で甘い同居をはじめた崎義一ことギイと、恋人の託生。思い出の九鬼島を再訪した2人は、後輩・真行寺と偶然再会する。その10年前、託生は忽然と姿を消したギイに会うためニューヨークへと向かっていた──。

【感想】
いや~とっても良かったです。タクミとギイがやっと再会した10年前のお話で、タクミ頑張った!ピアニストのサツキとの出会いも良かったしね。ラストはサマーキャンプ!真行寺君も出てきて楽しかったです。

やっと一緒に住める事になったんだけれど、10年前の再会の時のお話に飛びます。

まぁどうやって再会したのがとっても知りたかったので嬉しかったですね。
タクミ頑張りました!音信普通のギイに会うために特別交換留学生としてNYへ。
1ヶ月の留学なんだけれど、受け入れ側の学生とパートナーを組んで演奏会。

サチも一緒に先生としてやって来てるんだけれど、タクミのパートナーが飛んでもない子だったんだよね。

まぁ天才ピアニストなんだけれど、14才という年齢で、伴奏は初めてというか、伴奏者には向いてない。

でも、サツキが抱えている辛い思いを聞いてお互い理解しあえたタクミなんだけれど、二人の演奏はまぁ普通ではあり得ない演奏になっちゃったんだけれど。
どちらも譲らないガチャガチャした演奏ではあるけれど、現地の人たちの心はつかんだんだよね。

そして演奏会の会場の招待席にはギイの姿はなかったけれど。

演奏し終えたタクミの前に現れてくれました!

お話的に時系列で読めたらすごく良かったんだろうな~とは思ったんだけれど、美味しいところを切り切りと出されてますので、まぁこういう楽しみもあるんだな~と♪

そしてサマーキャンプのお話で、タクミの同僚の財前のお話。
彼もあの性格だからね~まぁ色々と思うところはあるものの、頑張って!っていいたいお話でした。

そして真行寺君出てきました♪アラタさんは名前だけですが、まだ続いていることにとてもホッとしました。相変わらずの元気でかわいいのが嬉しかったですね♪
できればまだまだ読みたいです♪
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

Recent Entries