FC2ブログ

色悪作家と校正者の多情|菅野彰 絵師:麻々原絵里依 - usamomo BL library ~BL独り言感想~

usamomo BL library ~BL独り言感想~ ホーム » 小説 さ行 その他 » 色悪作家と校正者の多情|菅野彰 絵師:麻々原絵里依

色悪作家と校正者の多情|菅野彰 絵師:麻々原絵里依


色悪作家と校正者の多情 (ディアプラス文庫)

菅野彰 絵師:麻々原絵里依


お気に入り:
挿絵:


【あらすじ】あなたを殺してしまいたい。いいえ―私は今、あなたに殺してほしいのです。まだあなたが、身の内にいるこの時に―。大吾を知り、恋を知って、それまで覚えたことのない強い感情に何度も身を灼く想いを味わうようになった正祐。一方、色悪な大吾には、当然過去の恋と別れがあった。文壇を騒がせたというそのロマンスを、ある日篠田から聞いた正祐だったが…。人気シリーズ第四弾!!

【感想】
今回も楽しく読みました。篠田さんと正祐の会話が楽しくって♪冷やし中華はじめました。⇒人間はじめました。には笑ってしまった。どんどん人間味を増してはいくんだけれど、その分傷つくということも辛いけれど、なんとなく歩み寄っている二人が微笑ましいです。



もう4冊目なんですね~。
今回は大吾の昔の女性が出てくるんですよね~。
だんだんと人間味が出てきて胸が冷たくなるっていうのが嫉妬だったり寂しいだったりとなんか読んでてこっちが辛くなります。

それに気づかない大吾にちょっとモヤモヤしたりもしましたけど、まぁ子供!なんですね~。何故そんなに拘る~ってところにこだわって正祐に寂しい思いをさせてるのにギャフンと言わされてやっと気づいたんだからねぇ~。
でもなんか大吾は割りと何人もの人と付き合ってきた割りに、正祐との関係はなんだか可愛くって好きですね~。

とっても楽しく読めました。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

Recent Entries