FC2ブログ

ちとせの戀に巡る月|杉原朱紀 絵師:榊空也 - usamomo BL library ~BL独り言感想~

usamomo BL library ~BL独り言感想~ ホーム » 杉原朱紀 » ちとせの戀に巡る月|杉原朱紀 絵師:榊空也

ちとせの戀に巡る月|杉原朱紀 絵師:榊空也


ちとせの戀に巡る月 (幻冬舎ルチル文庫)

杉原朱紀 絵師:榊空也

お気に入り:
挿絵:



【あらすじ】ある願いを叶えるため長い時を生きてきた鬼・葵。遥か昔の想い人の転生を見守り続け、今生を生きる友哉と出会うが、彼は祓い屋で…?

【感想】
良かったです。でもどちらかというと、側近の彼の方がちょっと気になってしまったのが敗因かもしれない!でも前世で恋人同士だったわけではないってのがちょっと切ないな~。


鬼の受。昔好きだった人が自分の姉のように育った人と結婚してしまい、そして姉が鬼となってしまう前に殺してしまう。
それを彼に見られてしまい、怒りの心を妖刀に支配されてしまった彼に殺されそうになり、寸前でかすかに正気に戻った彼に懇願されて彼をも手にかけてしまう。

なんか切ない始まりだわ~。

それからずっと生き続けてきた受。
強いですよ~!

何故生き続けたかというと、その妖刀が彼の子孫に取りついてしまったからなんです。

どうにかして封印する方法を探し求め、見つかってからそれを実行にうつすまでずっと見守ってきたんですよね。


でもね~、ずっと側に控えてる主従関係でもある弓月に私は心惹かれてしまったからね~、
攻に思い入れがなかなかできなかったですが。

前世の彼と今の攻が邂逅するシーンがあるんだけれど、まぁ受を選ばなかった前世の彼にちょっとイラっとしてましたので、すっきりはしました♪
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

Recent Entries